設備投資資金を調達したい?原価計算をしてから考えよう!

投資の資金調達で重要なこと

設備などへの投資資金の調達をするときに融資を受けるのはよくあるパターンですが、本当に融資を申し込んでしまっても良いのかは慎重に考える必要があります。設備投資資金の場合には工場の新規設置や増設などによって売り上げを伸ばすのを目的にしていることが多いでしょう。その目的を達成できたとして、本当に借りた事業資金の返済を終えることができ、事業利益を拡大することにつながるのかを試算してみることが大切です。融資では利子の支払いが生じるため、現金で資金投下を下ときに比べて当面の利益は少なくなります。それも考慮して収支バランスを計算し、事業利益を考えてメリットのある投資なのかを判断することが欠かせません。

原価計算をして利益を考えよう

原価計算によって製品の製造にかかるコストを試算する方法はよく行われていますが、このコストの中に融資の返済額を組み込むのが合理的な方法です。現状の設備における原価を計算した結果と、設備投資をした後の原価に返済額を加えた結果がどのくらいの差になるかを求めてみましょう。それによって原価が若干高くなりますが、販売価格を維持しても十分な利益を上げられるのであれば特に問題はありません。もし支障がある場合には融資の受け方を変更する、設備の仕様を検討し直す、販売価格を見直すといった戦略を考えてみる必要があります。このような数字ベースの議論は融資を申し込むときにも資料としてまとめることが求められるので、投資資金の調達を考えたときには早めに試算を始めるようにしましょう。

事業資金を得るもっとも一般的な方法が金融機関からの融資です。金利が安く、返済期間を長く設定できる利点がありますが、その一方で審査が厳しいうえに、経営状態が悪くなると一括返済を迫られることがあります。

指導方法が違う?!高校受験の塾の授業スタイルとは?

授業を複数人で行う集団指導一つの教室に生徒が集められて、複数人で授業を受けるのが集団指導スタイルです。学校と同じように講師が教壇の前に立ち、生徒はいくつか並べられた席に座ります。講師が授業を行うので、その間生徒たちは講師の話しに耳を傾けます。塾が用意した教材や講師がオリジナルで作成したプリントなどを…

リカレント教育に人気の通信制大学院!学費も安い?

そもそも通信制大学院とは?通信制大学院とは、年に数回~数十回の通学を除いて、非対面で授業を受けることが主となる大学院のことです。普段忙しく、直接大学に通うことが難しい社会人に人気があります。また、近年では「リカレント教育」いわゆる学び直しが盛んなので、定年退職した会社員や主婦などの第二の人生を始めよ…

1枚あると会計に便利!法人デビットカード

会計処理がスムーズになる法人で使用する物品の購入やサービスの利用代金を、法人デビットカードで決済すると会計処理が非常にスムーズです。例えば法人のドメインを取得したり、独自のメールアドレスを取得したりする費用は経費として計上できます。それらの引き落としを法人デビットカードで行えばいつ、なんのために、何…

知らないと損する?!自動車保険に欠かせない特約とは?

自動車保険には基本補償と特約がある車のオーナーは、車検の際に対人賠償の自賠責保険に加入しなければなりません。これだけでは補償が不十分なので、民間企業が提供する任意保険の加入も欠かせないでしょう。任意保険には、加入者全員に自動的にセットされる基本補償と、加入者が自由に選べる特約があります。基本補償には…