安心して使える仮想通貨取引所とは?マルチシグを導入するところがおすすめ

マルチシグとはなにか

仮想通貨取引所において最も重要なのはセキュリティです。ハッキングされるとウォレットにある仮想通貨がすべてだめになってしまうので気をつけておきましょう。大半の仮想通貨取引所ではマルチシグと呼ばれるシステムを導入しています。
仮想通貨は基本秘密鍵が1つ用意されているのですが、それを複数に分割するのがマルチシグです。一定数以上の鍵を組み合わせないとアクセスできないようにしているのでハッキングされる心配は少ないと言えます。
逆にマルチシグでないものといえば、秘密鍵が1つのパスワードや端末に依存するパソコンやスマートフォンです。端末がハッキングされると仮想通貨を失う危険性があるので注意しておきましょう。
マルチシグは鍵と呼ばれる署名が複数あるものでそれを分散して管理することで、1つの端末がハックされてもパスワードが流出しないように出来ています。ハッカー側からすると複数のサーバーを同時攻撃する必要があるのでハッキングされる心配も少ないです。

マルチシグにはどんなメリットがあるのか

鍵を複数利用することによりセキュリティを向上させるのがマルチシグの利点です。それだけでなくパスワードの紛失にも対応しているので保険が適用されているのと同等の効果を発揮します。
たとえば鍵が3つあって2つ以上の鍵を必要とするとき、ウォレットがあるプロバイダに残りの鍵を預けると考えましょう。自分が管理する2つの鍵を使って送金できますがプロバイダは1つしかないので勝手に送金する事はできません。
パスワードを紛失してももう1つのパスワードがあれば送金をする事ができる仕様です。自分の所持する鍵を1つ失ってもプロバイダに預けた鍵を使えば再び送金できます。

仮想通貨取引所の比較ポイントは、価格(手数料等)、取り扱いの種類を重視するなら、海外のものを、安全性を求めるなら、国内大手を考えるべきです。コインチェック事件を見ても国内取引所は安心感があります。