声優になりたい!専門学校では何を習うの?

専門学校1年目のカリキュラム

2年制の声優専門学校の場合は1年目に基礎を学び、2年目は専門性が高い勉強をするという形が一般的です。基礎として学ぶカリキュラムは発声法と標準語、滑舌などです。声優として長く活躍をしていくためには、声や喉を守るための正しい発声法を身につけておく必要があります。更に、日常的に使う言葉の中には気づかない間に方言が混じっていることも多いため、正しい標準語を身につけておくことも大切です。そして滑舌の改善など、最初は基礎固めから行うことが多くなっています。基礎となるレッスンを繰り返し、徐々に演技指導などに入っていくという流れが一般的です。

より本格的な技術を学ぶ2年目

基礎ができたら、その後はより本格的な技術を学んでいきます。アニメ声優に特化したコースの場合は、アフレコの実技などより本格的な授業が始まります。声優は声のみの仕事ですが、より高い演技力を身につけるために本格的な舞台に挑戦することも少なくありません。声の仕事を総合的に学ぶ専門学校の場合は、ナレーションや歌などの授業が組み込まれることもあります。学ぶことができる内容は専門学校によって異なることも多いため、学校選びの段階でカリキュラムまでしっかりと確認しておくことがおすすめです。

チャンスが多い専門学校

多くのプロダクションと提携している声優専門学校の場合、在学中に何度もオーディションのチャンスが訪れることがあります。こうした学校を選んでおけば、卒業を待たずにデビューをすることも可能です。声優になるという夢を叶えたいのであれば、チャンスが多い専門学校を選んでおくと良いでしょう。

人気の高い職業の声優ですが、声優になるにはさまざまな方法があります。昨今、声優の専門学校がとても増えました。学校や各コースによって特色があるので、自分がどんな声優になりたいかを考えて選びましょう。