色々な方法がある!心理学の学び方について

大学で心理学を専攻する

国内の大学の中には、心理学を専門的に学べる学部を有する所があります。心理学部や臨床心理学部などその名称は様々ですが、いずれも心理学について深く学べるカリキュラムが用意されています。また、心理学部という学部がなく文学部や教育学部の中に心理学科や心理学コースが含まれていることもあるため、大学選びの際に入念に調べておくことが大事です。同じ心理学でも大学によって学べる内容は異なっており、その違いに関わってくるのは在籍している教授の専門分野です。特定の分野の心理学を学びたい場合には、対応できる教授がいる大学を探すようにしましょう。

通信教育を利用して学ぶ

自宅で自分のペースで心理学を学びたいという方にぴったりなのが通信教育です。単元別に課題を出してもらうことができるため、複雑すぎて独学でのマスターが難しいとされる心理学の理解が容易になります。自分の都合の良い時に勉強できることから、仕事や家事をしながらでも問題ありません。修了までの期間が自分で設定できるなど、自由度の高さも評価されています。通信教育については大学のコースの一つとして設置されている場合もあり、全ての単位を取得することで心理学系の資格が与えられます。

セミナーや講座を受講する

もっと手軽に心理学を学びたいという方には、セミナーや講座の利用がおすすめです。これまで心理学とは無縁だった全くの初心者でも理解できるほど、噛み砕いて教えてもらうことができます。誰でも気軽に受講することができるのが、セミナーや講座の魅力です。期間も短く、学ぶ内容も簡潔にまとめられているため趣味の一環として学ぶのにも最適です。基礎的な知識が身につくことから、専門的に勉強する前の準備として活用することもできます。

心理学の大学で学ぶことにより、認定心理士の資格や、産業カウンセラーなどの受験資格を得ることができます。