リカレント教育に人気の通信制大学院!学費も安い?

そもそも通信制大学院とは?

通信制大学院とは、年に数回~数十回の通学を除いて、非対面で授業を受けることが主となる大学院のことです。普段忙しく、直接大学に通うことが難しい社会人に人気があります。また、近年では「リカレント教育」いわゆる学び直しが盛んなので、定年退職した会社員や主婦などの第二の人生を始めようとしている人たちの利用者も増えています。

学び方ですが、Webや印刷教材などを使って非対面で授業を受けることが主となります。見落とされがちなのですが、直接、大学に行って指導を受けることも年に数回~数十回あります。そのため、もしも、気になる大学院があれば、通いやすいかという観点で選ぶことも大切です。

通信制大学院の入学方法は?

まずは、出願期間に出願することが必要になります。気になる大学院があれば、パンフレットをとり寄せて出願日を確認しましょう。入学試験ですが、大学院によって様々です。口述試験、小論文、実技試験、研究計画書が必要な大学もあります。人気の大学院だと、倍率が数十倍になるものがあるので、試験対策も必要になります。

試験を受けたら、合格発表まで待ちましょう。合格発表はホームページで行われることが多いです。見事合格していれば、入学手続き期間に入学手続きを行います。

通信制大学院の学費は?

通信制大学院によって学費は様々ですが、一般的な通学制の大学に比べれば割安です。奨学金が取れることもあるので、自分の通いたい大学院にはどのような制度があるのか調べてみるのも良いでしょう。

通信制大学院とは、通学をしなくてもオンラインやスクーリングを通して学位を取得できるプログラムです。自分のペースで学習計画を立てられること、学費が安いことが最大のメリットです。