社労士の働き方って一体どんなのがあるの?

勤務社労士として働く

社労士の働き方としては大きく分けて二つあります。事業所などに勤務するという方法と、自分で開業するという方法です。勤務する場合の勤務先としては、社労士事務所、社労士事務所以外の税理士事務所や会計事務所などの士業事務所、行政機関等、一般企業の人事・総務部門などが挙げられます。注意点としては、社労士事務所は個人で経営しているところが多く、正職員として従業員を雇うところは少ないということです。雇うところがあっても給料は一般企業の正社員よりは少なめです。社労士事務所以外の士業事務所も同様の傾向があります。どちらもパート・アルバイトであればけっこう求人はあります。行政機関等は市役所、ハローワーク、労働基準監督署、年金事務所(日本年金機構)などです。これらは大体非常勤職員という雇用形態が多いです。年金事務所は正職員も募集しています。一般企業の人事・総務部門の場合は、実務経験を必要とするところが多い傾向があります。資格があっても実務経験がなければ難しいかもしれません。実務経験があって、資格もあれば採用に有利くらいに考えていた方がいいでしょう。

開業社労士として働く

開業する場合の注意点としては、実務経験もなしにいきなり開業するのはリスクがあります。まずは、パート・アルバイトでも良いので、先に説明したところなどに勤めて経験を積む方がいいでしょう。実際、年金事務所で相談員として勤務して開業する事例が多いです。また、社労士事務所の場合、事業主が高齢であれば、事業を継承することも考えられます。せっかく取得した資格ですから、自分に合った働き方をしてみてください。

渋谷の社労士の中には、一般的な社労士業務以外に、食事療法などを取り入れて企業のサポートを行う事務所もあります。