ファクタリングとは?メリットとデメリットを理解しよう!

ファクタリングとはどのようなもの?

ファクタリングとは、売掛金を利用する事業資金調達方法の一つです。事業資金が足りない場合、ファクタリング業者に売掛金を売却します。売掛金とは取引先から入金される予定のお金で、それを売却して現金にしてもらうのです。ただし、手数料が必要になります。ファクタリングは3社間と2社間があり、3社間の場合は売掛先からファクタリング業者に入金される仕組みです。取引先にファクタリングの利用を知られたくない場合は、2社間ファクタリングを選択します。

ファクタリングのメリットとは?

ファクタリングのメリットは、売掛金があれば、即日から数日で現金を調達できることです。基本的に厳しい審査がなく、即日入金が期待できます。資金調達ができ、しっかりと支払いができれば、事業を継続できるでしょう。3社間ファクタリングでは、ファクタリング業者へ債権を渡すため、取引先との共倒れリスクを防げます。そして、ファクタリングには保証人や担保が必要ありません。金融機関のブラックリストに載らないこともメリットです。

ファクタリングのデメリットとは?

ファクタリングを利用する場合、手数料がかかるのはデメリットです。銀行融資よりも手数料は高くなってしまいます。一般的に2社間ファクタリングの手数料は10~30%、3社間ファクタリングは1~10%です。ファクタリングを利用しすぎると、手数料だけで資金繰りがどんどん厳しくなる場合もあります。また、契約に関する手続きがあるのもデメリットです。3社間ファクタリングの場合、取引先に連絡をして、承諾を取る必要があります。

NPO法人や社会福祉法人などに対して、事業資金を大阪府がサポートしています。「誰一人取り残さない」というSDGsの理念を踏まえた取り組みで、子ども食堂などの多くの団体を支援します。