どこを選べばいい?法人口座の選び方のポイント

ネットバンクに対応しているかどうか

法人口座を選ぶ際に重要なポイントとされているのが、ネットバンクに対応しているかどうかです。インターネットが普及したことにより、銀行もネットバンクに対応しているところが徐々に増えてきています。ネットバンクであれば実店舗の営業時間を過ぎていても入出金などの手続きができますし、パソコンやスマートフォンがあればどこでも取引をすることができるので法人口座には欠かせないサービスです。ただ地方銀行など一部の銀行ではまだネットバンクに対応していないところもあるので、事前にネットバンクに対応しているかどうか確認しておくことが必要になります。ただネットバンクを利用していたとしても、取引対応の時間が制限されていると自由に取引をすることができません。このため出来る限り取引時間の制限がないところを選ぶ必要がありますし、ネットバンク対応のOSがどのようになっているのかなど、ネットバンクに関する選び方のポイントがあるので注意が必要です。

月額の基本料金や振込手数料もポイント

一般口座の場合は口座を維持するための費用が掛かりませんが、法人口座の場合は口座維持のために月額の基本料金を支払わなければいけません。この基本料金は銀行によって異なっているのはもちろん、銀行によっては格安または無料で利用することができる場合もあります。また送金をする際にかかってくる手数料も、銀行によって料金が異なっているだけではなく、条件によって料金が変わってくるところも少なくありません。このため毎月のコストを抑えたい場合は、基本料金と振込手数料もチェックすることが大切です。

法人口座の開設は、個人口座に比べると必要な公的書類がたくさんあります。銀行のホームページなどで確認して書類を準備してから、代表者本人が窓口を訪ねて相談すれば、スムーズに開設ができます。