大手企業がこぞって行っている資金回収法の一つファクタリング

ファクタリングっていったい何

ファクタリングは企業の利益の内訳の中で一番利益率が高い売掛債権を、企業が回収するのではなく第3者が仲介して受け取り現金にする方法です。通常の売掛債権というのは支払期日というのがあり、その期日にならないと現金が支払われないです。これは経営を効率化する際に、企業にたいする支払いを後払いにすることで流れを円滑化するために行われています。しかし企業経営には必ず現金が必要になるときが存在するのですが、そのたびに企業側が営業に駆け回っていては時間がかかり過ぎてしまいます。そこで即座の資金回収方法として、駆け回る手間をファクタリングが代行することで効率化を図れるというわけです。

ファクタリングを活用するメリットとデメリット

ファクタリングを活用するメリットは迅速な資金回収だけでなく、相手側の企業経営の状況を把握できることです。ファクタリングと契約する際に、自社と契約している企業の情報を相手に与えることから始まります。ファクタリングは資金回収の利息で運営しているので、相手側の業績悪化をしていると資金回収ができなくなり経営に悪影響を及ぼしてしまうのです。そのためファクタリングは常に契約している企業に情報を伝える義務があるので、資金の貸し倒れが起きる前に回収することで契約した企業の不利益を抑える効果を持ちます。ただしファクタリングを活用する際のデメリットとしては、先に言ったとおりに契約する際の費用だけでなく利息支払いなど様々諸費用が掛かることです。この部分を把握しないで行うと、せっかくの利益が激減してしまう恐れがあるので利用は計画的に行うことが重要になります。

ファクタリングは、売掛金を入金前に別の企業に譲渡して資金化する資金調達の方法の一つです。売掛先が倒産した時の支払いリスクを回避できるメリットがあります。資金調達の方法として注目を集めています。